ハニカム構造体検査装置 平面毎葉検査装置
AUTOMATIC INSPECTION EQUIPMENT

目視検査を自動化、
業務を効率化
池上通信機の自動検査装置

自動検査装置開発 40年以上の実績
製品やデモのお問い合わせ
IKEGAMI's SUPPORT

目視検査を自動化し、
業務改善をサポートします。

触媒検査、毎葉(枚葉)検査の自動化装置は、
オーダーメイド開発が一般的でした。
池上通信機ではより多くのお客様のニーズに
お応えできる汎用的な検査装置を開発しました。

検査工程でこんな課題はありませんか?

目視検査だと...

  • POINT 01時間が掛かってしまう
  • POINT 02人員を集めるのが大変
  • POINT 03検査精度のバラつきが心配

そんなお悩みを池上通信機が

THREE STRENGTHS

池上通信機が提供する3つの強み

高い検査精度

高速・高精細カメラと池上独自の画像処理アルゴリズムにより高い検出精度を実現。

最高水準の光学・照明技術

最高水準の光学・照明技術により異物や傷をより確実に検出。

卓越した搬送技術

さまざまな対象物のハンドリング可能な搬送技術により、検査の最適な搬送を実現。

アフターサポートもお任せください
操作のご相談から、修理まで一貫したアフターサービス体制を構築しています。
TWO INSPECTION DEVICES

池上通信機がすすめる2つの検査装置

触媒、産業分野に向けた2つの検査装置。
製品無料デモも受付中です。お気軽にお問い合わせください。

触媒の目詰まりを高精度で検出

ハニカム構造体検査装置
HIE-111

自動車マフラーの触媒オートバイマフラーの触媒
POINT 01

高性能ラインセンサカメラで
全領域を検査

触媒の目詰まりだけでなく
セル数のカウントも可能

POINT 02

最適な照明をシステムアップ

大きさ、色、素材から照明を選択

POINT 03

検査結果が一目瞭然

わかりやすい判定画像

高精度な欠陥検出を、省スペースで実現

平面毎葉検査装置
PIE-650M

テレビ・パソコンなどの液晶プラスチック素材の表面
POINT 01

毎葉(枚葉)物の多様な
欠陥検出能力

毎葉(枚葉)物の複数の検査が1台で可能

POINT 02

欠陥マップ表示

欠陥の分布図をリアルタイム表示

POINT 03

検査結果をビジュアル表示

検査結果の統計をグラフ化

HISTORY

画像処理検査装置の実績

40年かけて培われた検査装置のノウハウ

  1. 1974年 農業分野へ :青果物選別装置の開発 (FIE)
  2. 1978年 製薬市場へ :トローチ検査装置を開発
  3. 1980年 包装市場へ:容器内面検査装置を開発 (CIE)
  4. 1983年 錠剤高速処理検査装置の開発 (TIE-3000)
  5. 1988年 全周囲検査/高速処理の錠剤検査装置の開発 (TIE-3030)
  6. 1991年 カプセル検査が可能にカプセル検査装置の開発 (KIE-1200)
  7. 1992年 RGBラインセンサ採用 錠剤検査装置を開発 (TIE-1010)
  8. 1996年 粉の中の異物を検出 末・顆粒剤検査装置を開発 (POIE-5000)
  9. 2002年 処理部・検査部を一体化 カラー・錠剤検査装置を開発 (TIE-7000)
  10. 2015年 いちご色判定ロボットを宇都宮大学と共同開発 (XYZカメラ活用)
  11. 2016年 業界最速処理能力 50万錠/時 
    錠剤インクジェット錠剤印刷装置を開発 (TIE-9000P)
検査事例
乾燥卵/紙コップの検査/ヨーグルトふたの検査/不織布などの検査/医薬錠剤の検査

お問い合わせ・
製品無料デモのお申し込み

お気軽にお問い合わせください

  • お急ぎの場合は、その旨、連絡事項等欄への記載をお願い致します。
  • このページはSSL暗号化通信に対応しています。
  • 弊社は、個人情報を、別途弊社のホームページ上で掲載する
    個人情報保護方針」に基づき、適切に取り扱うものとします。
  • ご記入いただきました個人情報の取扱いについては
    個人情報の取扱いについて」をご覧下さい。
  • 必要事項を入力し、「確認画面へ進む」ボタンをクリックしてください。
PAGETOP