昭和21年 9月 初代社長 齋藤公正が東京都大田区堤方913番地に「池上通信機材製作所」を創設し、通信機用小型変圧器、電源機器等の製造を始める。
昭和23年 2月 「株式会社池上通信機材製作所」に組織変更(資本金195,000円)
昭和24年 8月 NHK総合技術研究所からの指導を受け、周波数特性自動記録装置ならびにテレビジョンスタジオ装置用部品を開発、製造販売を始める。
昭和26年 1月 商号を「池上通信機株式会社」に改める。
昭和33年 4月 川崎工場を新設し、テレビジョン放送機器および音声機器の製造を開始する。
昭和35年 9月 水戸工場を新設し、電源装置、測定機器等の製造を開始する。
昭和36年 5月 藤沢工場を新設し、工業用テレビジョン機器および小型変圧器の製造を開始する。
昭和36年 6月 東京証券取引所店頭市場に株式を公開する。
昭和36年 10月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場する。
昭和39年 12月 米国法人イケガミ エレクトロニクス インダストリーズ インコーポレーテッド オブ ニューヨーク(連結子会社)を設立する。
昭和44年 4月 宇都宮工場を新設し、工業用テレビジョン機器等の製造を開始する。
昭和45年 8月 池上工場を新設し、テレビジョンカメラ部門等を川崎工場より移行する。
昭和50年 3月 米国法人イケガミ エレクトロニクス インダストリーズ インコーポレーテッド オブ ニューヨークの商号を現商号イケガミ エレクトロニクス(ユー、エス、エイ。)インコーポレーテッドに改める。
昭和51年 1月 西ドイツ駐在員事務所を開設する。
昭和55年 12月 西ドイツ法人イケガミ エレクトロニクス(ヨーロッパ)ゲー、エム、ベー、ハー(連結子会社)を設立し、駐在員事務所を廃止する。
昭和59年 2月 東京証券取引所市場第一部に株式を指定替え上場する。
平成3年 5月 株式会社テクノイケガミを設立する。
平成4年 4月 池上エルダー株式会社を設立する。
平成5年 11月 株式会社アイテムを設立する。
平成11年 10月 藤沢事業所の業務を池上工場に統合する。
平成12年 4月 川崎工場の業務を湘南工場に全面移転する。
平成15年 2月 水戸工場の業務を宇都宮工場に統合する。
平成22年 1月 池上エルダー株式会社を清算する。
平成22年 4月 池上工場と宇都宮工場を統合する。
平成24年 4月 株式会社テクノイケガミを連結の範囲に追加。
平成24年 10月 宇都宮プロダクトセンターの一部製品の生産機能を株式会社テクノイケガミへ移管。
平成26年 4月 シンガポール法人Ikegami Electronics Asia Pacific Pte.Ltd.を設立。

 
池上通信機 株式会社