CSU-50 :カメラセレクトユニット

CSU-50 は、搭載機能を必要最低限のコマンド切替に特化したことにより、小型・ローコスト化したカメラセレクトユニットです。

筐体サイズ1U
従来のカメラセレクトユニットCSU-110の2Uに対し、1Uに小型化しスペースファクターを向上しました。

パラレル運用
HDL-45Eなどコマンドコネクタが1つしかないカメラに対して、MCPとOCPを使用する運用です。MCPで制御希望対象カメラを選択した場合には、MCPからの操作が可能となり、MCPで対象カメラ以外を選択した場合には、OCPからの制御が可能になります。従来のようにコマンドケーブルの抜き差しなどで対応する必要がありません。

コマンド切換機能
カメラセレクトパネル(オプション)を付けることにより、RCP-50などカメラセレクト機能を持たないコントロールパネルであっても、カメラの切替が可能になります。(カメラセレクトパネルとMCPをCSU-50に接続した場合には、MCPからのカメラセレクト機能は使用できません。)
カメラセレクトパネルは、前面実装タイプとケーブルで延長できる外部リモートパネルの2種類を用意しています。外部リモートパネルにした場合には、パネルを操作卓や引き出し装置に実装し、本体をラックに実装するなど運用性を考慮した柔軟な機器配置が可能になります。また、外部CPコネクタを、背面だけでなく前面に取り付けることも可能です(オプション対応)。コントロールパネルを常設せず、必要に応じて持ち込んで運用する際にも、簡単に接続することができます。