BST-55 :デジタルトライアックスベースステーション

BST-55は、HDK-79GXとHDK-55とのシステムアップに最適なデジタルトライアックスベースステーションです。BST-55はデジタル変調のため、カメラの画質を保ちながらの高品質な映像伝送を実現します。従来のトライアックスケーブルでHDTVの伝送ができるため、SDTVシステムでトライアックスケーブルを使用している中継現場でのHD化に最適です。

  • 池上独自の超低遅延デジタル変調伝送方式を採用
  • 伝送フォーマットは、1080/59.94i,720/59.94pに対応
  • 伝送距離は、8.8mmφトライアックスケーブルを使用して、最長800mのHD長距離伝送が可能
  • QTV SD SDI(D1)回線1系統装備 
  • RET映像にフレームシンクロナイザ(FS)を搭載
    非同期のリターン映像をVFで確認しても映像が乱れることはありません。

  • エンベデッドオーディオ
    SDI信号出力は、全てエンベデッドオーディオに対応。さらに、音声遅延機能の搭載により、映像、音声の同期を調整することができます。