2017年11月29日

PCレスで最大144台のIPカメラをシステムアップフルHD監視用IP9画面表示ユニット IMV-90を新開発

池上通信機株式会社では、PCを使わず、最大144台のフルHDIPカメラを接続し、システムの構築が可能なフルHD監視用IP9画面表示ユニット「IMV-90」を新開発。各種プラント、病院などを中心に積極的に販売を展開して参ります。

本製品は、ONVIF対応IPカメラ、モニタ、PoE HUBの構成で、フルHD 対応IP監視カメラシステムが構築できます。クライアントPCによるビューワソフトを用いないため、OSの更新やHDDの寿命による定期的なPC交換の必要がありません。映像出力は、DVI-Dを装備し、モニタにダイレクトに接続することで、簡単にモニタリングできます。
カメラの選択や分割画面の切り替えなどの各種操作はフロントパネルで行うことができます。
外部制御で、最大で144台のIPカメラの登録ができ、コンパクトな構成から大規模なシステムまで様々な用途においてPCレスで簡単に構築が可能です。

■ IP 9画面表示ユニットIMV-90

出荷開始時期 希望小売価格 目標年間販売台数
2017年11月末
380,000円(税抜き)
300式

 

IP9画面表示ユニットIMV-90の特長

多彩な表示機能

  • フルHDで出⼒、フロントボタンで単画⾯1~9チャンネル/4分割画⾯/6分割画⾯/9分割画⾯を簡単に切替えできます。
  • 単画⾯・分割画⾯の⾃動切換え(オートシーケンシャル表⽰)ができます。
  • 各分割画面に任意のカメラを配置できます。
  • 日付・時刻表示ができます。
  • 各チャンネルに、英数字・カタカナ・記号による最⻑20⽂字のカメラ名称を表⽰できます。
    ※リモート設定ソフトウェア(別途提供)にてJIS第1・第2⽔準の漢字表⽰も可能です。
  • カメラ名称のフォントサイズを⼤/中/⼩から選択できるほか、表⽰位置が変更できます。

優れた運用性

  • フロントボタンの操作を禁⽌するロック機能があります。
  • 外観は幅210mm⾼さ44mmで、19インチラック(EIA/JIS)に実装が可能です。
    システム拡張性
  • IkegamiのIPカメラやIPエンコーダおよび各社のONVIF対応カメラとのシステムアップが可能です。
  • マルチキャストに対応しています。
  • 外部制御にて、最大144台のカメラの単画面切替え、およびページ切替えが可能です。