ニュース詳細

 

2017年10月30日インド メドライク社様、カラー・錠剤検査装置TIE-9500を採用


池上通信機株式会社では、この度Medreich Limited様(以下「メドライク社様」)よりTIE-9000 seriesの高速処理対応のカラー・錠剤検査装置「TIE-9500」のご注文を頂き、バンガロールの同社新設工場であるユニットIVへの設置がこのほど完了しました。

TIE-9500の採用決定に至った経緯について、メドライク社様執行副社長Kedareshwar(ケダルシャワール)氏より、次のコメントをいただきました。
「業界最速の処理能力と微細な不良も見逃さずに検出できる技術を高く評価した。TIE-9500は、我々の高品質な製品の提供とグローバルな事業展開の拡大に大きく貢献すると考えている。採用に至ったもうひとつの大きな要素として、日本市場での納入実績ならびに長期にわたる充実したサポートが挙げられる。納入後は、インドにおいても同様の充実したサポートを期待している。」

池上通信機は、これからも高い技術力とサポートで医薬品事業の発展に貢献してまいります。

メドライク社
メドライク社はインドを生産拠点として、医薬品製剤の受託製造(CMO)・受託開発製造(CDMO)およびジェネリック医薬品の製造・販売を欧州、アジア、アフリカなどに向けてグローバルに展開する企業です。同社は、2015年に製薬会社のMeiji Seika ファルマを傘下に持つ明治ホールディングス株式会社のグループ会社に加わりました。