ニュース詳細

 

2017年6月15日

三井物産エアロスペース株式会社様より、札幌市消防局様向ヘリコプタ搭載用映像電送システムを納入!業界初の送信出力3W送信機で、伝送距離が従来の2倍以上に。

池上通信機は、三井物産エアロスペース株式会社様へ、札幌市消防局様向AW139ヘリコプタ搭載用映像電送システムを納入しました。札幌市様では空撮映像を無線電送することで、現場の状況をいち早く詳細に把握し、迅速・的確な災害対策や消防活動に役立てています。

今回当社が納入したシステムは、上空で撮影したカメラ映像を地上側へ無線伝送するものです。
消防ヘリコプタは、情報収集活動だけでなく、消火活動、救急活動、救助活動など多種多様な用途で活用されるため、搭載機器には他のミッションに影響を極力与えないようコンパクト・軽量で、かつ信頼性の高い装置であることが求められています。また、デジタル方式により鮮明な映像が伝送できるようになった今、より遠方にある現場から本局に確実に映像を送ることができる高い伝送能力が求められるようになりました。

池上通信機はこのたび業界初となる送信出力3W(デジタル時)のヘリコプタ搭載用送信機を開発し、従来の2倍以上の伝送距離を実現しました。このことにより、従来は伝送できなかった遠方の現場からでも、現場状況を即時に本部で確認することができるようになります。
池上通信機は、高い映像処理・伝送技術を生かし、これからも社会に貢献してまいります。

[消防防災ヘリコプタ 映像電送システム]
消防局様の保有するヘリコプタには、消火・救助活動、救急搬送のほかに情報収集(映像伝送)の活動があります。これは、災害の状況を、いち早く、広範囲にわたり、詳細に本局などの地上の対応拠点に伝送し、緊急の活動を支援するものです。ヘリコプタに防振台カメラを搭載し、機内でカメラを操作します。撮影映像は収録するとともに無線で地上の拠点へ即時に伝送されます。地上では、刻々と送られてくるリアルタイムの災害現場の空撮映像により、その状況を把握し、消火・救助活動に役立てます。近年では、津波災害・水難事故に対応するため、海洋上からの映像伝送が重視されており、長距離伝送の要望が高まっています。