ニュースリリース

 

2016年11月8日

柔軟な現場対応が可能 31型4K/HDマルチフォーマットLCDカラーモニタ HQLM-3120Wを新開発

 

池上通信機株式会社は、31型4K/HDマルチフォーマットLCDカラーモニタ HQLM-3120Wを新開発しました。4K映像制作の普及が進む国内外の放送局をはじめ、プロダクション、CATV、学校、公共施設などへ積極的に販売を展開して参ります。
 HQLM-3120Wは、3G-SDI信号を4本使った4K信号伝送に加え、2チャンネルの12G-SDIインタフェースを標準搭載しています。さらに、4KとHDが混在する時期を想定し、3G-SDI、HD-SDI、HDMIなど多様なインタフェースを標準で装備しており、4K映像はもちろんHD映像も確認することができるため、撮影現場にてフレキシブルな運用を可能とします。
HQLM-3120Wは、11月16日(水)~18日(金)に幕張メッセにて開催される「InterBEE2016」への出品を予定しております。