イベント情報

 

2016年11月7日

Broadcast Innovation ―より豊かな映像表現をめざして― をテーマにInterBEE 2016に出展

 

池上通信機は、11月16日(水)~18日(金)に幕張メッセで開催されるInter BEE 2016に「Broadcast Innovation―より豊かな映像表現をめざして―」をテーマに出展します。
会場では、今後ますます実運用化が広がる4K/HD番組制作ソリューションを中心に、4K時代のキーワードである「HDR」「12G」「IP」に対するIkegamiの取り組みをご提案します。
是非この機会に弊社ブースにご来場賜りますよう、お願い申し上げます。

 
開催概要

名称 InterBEE 2016  
会期 2016年11月16日・17日 10時~17時30分
2016年11月18日 10時~17時 
会場 幕張メッセ ホール7 ブース No.7216
URL Inter BEE 2016

主な出展機器

Cameras


2/3型 4KCMOS 3板式カメラシステム 

  • UHK-430 NEW 

    UHK-4302/3型4K 3CMOSセンサを採用した新開発4Kシステムカメラです。2/3型センサとB4レンズマウントの採用により、これまでのHDカメラと変わらぬ運用性を維持し、スタジオや中継での4K映像制作が可能です。HDRの国際標準規格(ITU-R BT.2100)で定められたHLG(Hybrid Log Gamma)を搭載し、暗部から明部までの表現可能な範囲を拡大した高ダイナミックレンジ映像に対応します。 

    カメラコントロールユニット

    • CCU-430 NEW  
      UHK-430のカメラコントロールユニット(CCU)です。これまでのCCUに比べ軽量化を実現しました。4K/HDのサイマル運用にも対応し、HDから4K運用へのスムーズな移行をサポートします。40Gbpsの光トランシーバを搭載し、カメラ・CCU間の超広帯域を実現。非圧縮のRGB4:4:4信号伝送が可能となり、クロマキー合成時により滑らかで自然な表現を実現します。

     

    ビューファインダ

    • VFE741D:7.4型OLED / VFL701D:7型 LCD / VFL201D:2型LCD NEW
      新型ビューファインダを3機種ラインアップ。デジタルインタフェースを採用し、カメラとの間で双方向のメニューアクセスが可能です。「VFE741D」「VFL701D」は、WFM、ベクトル表示に対応しています。

     

    システムエクスパンダ

    • SE-U430 NEW 
      高倍率レンズ、大型ビューファインダを取り付け、ライブカメラと同等の運用を可能にします。レンズロックを解除するだけで光軸を維持したままカメラを後方にスライドさせることが可能な機構を採用し、レンズ着脱の作業性が大幅に向上しました。

     

    超高感度マルチパーパス3MOS HDTVカメラ

    • HDL-F3000 NEW

      HDL-F3000ヘリテレシステムの防振装置への搭載に最適な超高感度ヘッド・CCU分離型カメラです。フルHD(1920×1080)対応の260万画像2/3型3MOSセンサの採用し、S/N64dBの高画質を実現しました。さらに、最低被写体照度0.0068lx(フレーム蓄積時は、0.000057lx)の高感度で、夜間の低照度環境でもカラー撮影が可能です。新開発の画像鮮明化機能により霧などの厳しい条件下でも高画質映像を取得します。

     

    Super 35mm Format カメラシステム

    • HDK-97ARRI【HDR】 

      デジタルシネマで実績のあるARRI社とIkegamiとのコラボレーションによるカメラシステムです。画素数よりも画素の大きさにこだわったSuper35mm CMOSセンサを採用し、広ダイナミックレンジ、高S/N、高感度を追求しました。シネマテイストな奥行き感のある映像を放送システム運用で表現できる新しいコンセプトのカメラです。カスタムガンマ機能を利用し、HDR映像に制作が可能です。

     

    16-bit3G対応フルデジタルHDTVカメラシステム

    • HDK-970A 【HDR】 
      高性能プログレッシブCCDを搭載し、3G-SDIの広帯域出力に標準対応。ユーザガンマ機能を搭載し、PCにて作成したガンマカーブでの画作りが可能です。カスタムガンマ機能を利用し、HDR映像制作が可能です。

     

    16-bitフルデジタルHDTVカメラシステム

    • HDK-79GX  
      2/3型230万画素AITCCDを搭載し、1080/59.94iと1080/29.97PsFに対応したポータブルカメラです。2枚の光学フィルタに電気色温度フィルタを加えた3層フィルタ構成です。フォーカスアシスト、センサ蓄積、デジタルエクステンダなど多数の機能を搭載しています。

     

    16-bitフルデジタルHDTVカメラシステム

    • HDK-55  
      2/3型230万画素AITCCDを採用し、1080/59.94iに対応したポータブルカメラです。光学フィルタ1枚に電気色温度フィルタを加えた2層フィルタ構成の普及型システムカメラです。フォーカスアシストなど運用をサポートする機能を多数搭載しています。

     

    3CMOS HDTVカメラシステム

    • HC-HD300  
      1/3型CMOSセンサを採用し、Ikegamiの放送用システムカメラUnicamHDの性能と運用性を継承したカメラです。UnicamHDのドッカブルタイプのため、FA(ファイバアダプタ)やCA(カメラアダプタ)などの、運用に応じたシステムアップが可能です。カメラケーブルには、埃から光極を自動的にカバーするNEUTRIK opticalCON DUOコネクタを採用しました。

     

    4K出力映像

    • 4Kコンバータボード
      3G-SDI対応のBS-98、CCU-980にスロットインするだけで、4K映像の出力を可能にします。既存のHDカメラの運用性を損なわず、4K映像への対応が可能です。

     

    7.4型有機EL(OLED)カラービューファインダ

    • VFE740HD
      解像度QHD 960×540、コントラスト 100,000:1のパネルを採用。WFM/VSCを搭載し、外部3G-SDI入力も可能なビューファインダです。

     

    2型LCDカラービューファインダ 

    • VFL200HD
      2型クラスでは最高レベルである解像度960×540のパネルを採用しています。

     

    マスターコントロールパネル

    • MCP-300
      イーサネットに対応した、マスターコントロールパネルです。操作時のレスポンスが大幅に向上しました。

     

    オペレーションコントロールパネル

    • OCP-300
      液晶タッチパネルを搭載しました。従来型コマンドシステムに加え、イーサネットにも対応したオペレーションコントロールパネルです。

     

    オペレーションコントロールパネル

    • OCP-10 
      スペースファクタに優れた小型オペレーションパネルです。

     

    システムエキスパンダ

    • SE-H750
      UnicamHD HDK-97A/AP、HDK-79GX、HDK-55に使用可能なシステムエキスパンダ。カメラの脱着作業を容易にしました。

     

    Monitors

    4K /HDマルチフォーマットLCDカラーモニタ

    • HQLM-3120W NEW 
      31型4096×2160pixel 10bitの液晶パネル採用した4Kモニタです。4K入力は3G-SDI×4(Square Division/2-Sample Interleave division)に加え12G-SDIを2ch装備。HDMIのインタフェースも搭載し、高い運用性を実現しました。1450:1の高コントラスト比と、ITU-R BT.2020広色域に対応し、4K映像制作に最適なモニタです。会場ではHDR対応タイプも参考出品します。

     

    25/17型フルHD有機EL(OLED)カラーモニタ

    • HEM-2570W(25型) / HEM-1770WR(17型)
      3G対応、広視野角、広ダイナミックレンジ、動画ぼやけを抑えた高速応答映像、安定した黒の階調を実現した、薄型、軽量Grade-1マスタモニタです。10パターン×10シーン分のユーザマーカ(特許取得済)やオートセットアップ、画像のメモリ保存、全画面キャプチャ、マウス操作などUSB端子を利用した多彩な機能を装備しています。スピーカー・ヘッドフォン端子を搭載し、オーディオ機能も充実しています。

     

    3G対応32/24/17型フルHDマルチフォーマットLCDカラーモニタ

    • HLM-3250WA(32型) NEW

    • HLM-2450WB(24型)
    • HLM-1751WR(17型)
    • HLM-1705WR(17型)

     

    15型マルチフォーマットLCDカラーモニタ

    • HLM-1504WR

      • HLM-1504WCS HLM-1504WRから操作パネルを除いた省スペースタイプ。

       

      9型マルチフォーマットLCDカラーモニタ

      • HLM-905WR

       

      7型2連 / 5型3連マルチフォーマットLCDカラーモニタ

      • HLM-7012WR(7型2連)/HLM-5013WR(5型3連)
         
        入力信号3G/HD SDI(2入力)に対応。Y-TALLY機能搭載。。

       

      Switchers

      マルチプラットフォーム・スイッチャ・システム

      • MuPS-4000 series 

        用途に応じて大規模から小型まで構成可能なスイッチャシステムです。入力素材、出力素材はそれぞれ最大144系統で、ルータの全出力にAVDL機能を内蔵しています。スイッチャプロセスモジュールの実装により最大4M/E構成が可能で、4M/Eを連動させることにより4K信号処理に対応します。。

       

      コンパクトスイッチャ

      • CSS-400 

        18入力9出力のコンパクトスイッチャです。1Uの本体と2M/E 14釦の操作卓で構成され、操作卓は卓上設置タイプに加え、ラックに実装しての運用を考慮した2Uタイプを用意しました。1Uの本体と合わせて、わずか3Uのスペースにラック実装可能なため、中継車などスペースの限られた場所での運用に最適です。3G-SDI×4の信号を使用することで4K信号処理に対応します。。

       

      18chマルチビューワ装置 

      • IMV-180  
        1Uのコンパクトな本体に、時計・タリー・素材名・エンベデッドオーディオのレベルメータなどの表示機能を備えた18ch Multi Viewerです。。

       

      キーヤ装置 

      • RKP-800  
        1Uの筐体に8系統のキーヤを搭載しました。リニア/ルミナンス/クロマキー/パターンキー/フルキーに対応し、6系統のリサイザによる自由なレイアウトを実現します。

       

      FileBase System

      • iSTEP+(アイステップ・プラス
        Ikegamiが提案するトータル・ファイルベース・ソリューションです。収録・送出システムのファイルベース化、ファイルベースシステムと報道支援などの支援システムとの連携、OTCやスイッチャー等と送出サーバの連動などを実現します。当社OTCシステムと連携し、一部の筐体を共用化でき、トータルのコスト削減が可能です。収録や送出など各種端末で採用しているアプリケーションはカスタマイズすることで、お客様の運用に最適なソリューションをご提案します。

      • Ikegami OTC System
        IkegamiのOTC送出システムは、キューシートと連携し、スイッチャーやテロッパー、送出サーバ等の各種機器を制御することで、確実で簡易な送出オペレーションを実現します。新バージョンではGUIを一新し、視認性・運用性を向上しました。Ikegamiのファイルベースソリューション「iSTEP+」との親和性も高く、連携機能に加えて一部の筐体を共用することで、コスト・スペース両面でメリットの高いシステムを提供します。。

      • Avid 【HDR】
        数多くの制作編集現場で使用されている「Avid Media Composer」は4K、HDR等、最新のフォーマットに対応します。素材サーバを使う事で、複数台の編集機でのプロジェクトや素材の共有を実現します。編集機用BOBの「Artist | DNxIO」は、4K/60pの映像信号を3G-QUAD、12G-SDIで出力可能。最新の素材共有サーバ「NEXISシリーズ」を導入する事で、小規模(20TB)から大規模(1.44PB)までの素材共有環境を実現します。

       

      Transmisson

      超小型FPU 送信機

      • PP-90 1.2/2.3GHz帯デュアルバンド対応タイプ / 7GHz帯タイプ (7 Gタイプは参考出品)
        1.2GHz帯および2.3GHz帯のデュアルバンド超小型FPU送信機です。ARIB STD-B57(2.0版)SISO方式に準拠。H.265/HEVC対応エンコーダを内蔵しており、より良い圧縮効率での映像伝送が可能となりました。送信機単独での送信出力0.5Wに加え、PA-90電子増幅器との組合せにより送信出力を5Wにまで増幅し、長距離伝送が可能です。カメラに搭載してのワンマン運用に加え、マラソン等ロードレースのバイクカメラ運用など多彩な運用に対応可能な超小型FPU送信機です。会場では、7GHz帯タイプを参考出品します。。

       

      マルチユースデジタルFPU

      • PP-60
        QAM方式とOFDM方式に対応したデジタルFPU。「小型FPUとしての単体運用」、「PAに搭載しての標準型FPUの高周波部単体運用」、「標準型FPUの高周波部+制御部運用」の3形態に対応。高周波部と制御部間は、カメラ光複合ケーブルで長距離延長が可能。内蔵コーデックはFPU用標準ボード(エンコーダ、デコーダともに、MPEG-2/H.264共用可能)を採用しています。H.264コーデックでは、超低遅延伝送が可能です。
        (本FPU装置は、日本放送協会様のご指導により製作したものです。)。

       

      映像パケット化光多重伝送装置

      • iHTR series
        1本の光ファイバーに対してHD-SDIを非圧縮で最大6CHを多重し双方向で伝送することが 可能な装置です。また、映像信号だけでなくLAN信号やシリアル・接点、TS(DVB-ASI)の 多重伝送も可能で煩わしいケーブル敷設作業を最低限に抑えます。 さらに、対向接続、ループ接続、チェーン接続など運用に応じた接続機能や信号のマルチドロップ機能、無瞬断回線切替機能など今までの光伝送装置では実現出来なかったさまざまな運用を可能にします。

       

      • FPU集中制御システム
        基地局側の送・受信機の制御・監視を一元管理するシステムです。本社側の端末に基地局と本社の機器の状態をグラフィカルに表示します。さまざまな機能をカスタマイズすることができ、遠隔地にある基地局の運営を強力にサポートします。 。