ニュース詳細

2022年6月16日

チュバテレ
 

  千葉テレビ放送株式会社様より
UHK-X700カメラシステムおよび制作サブシステムを一括受注


 池上通信機株式会社は、千葉テレビ放送株式会社(以下、チバテレ)様より、Aスタジオの設備更新にあたり、「UHK-X700」 4K/HDポータブルカメラシステムを4式および中型制作スイッチャー「MuPS-5000シリーズ」を含む制作サブシステムを一括受注いたしました。2023年3月納入予定です。

 チバテレ様は、2021年5月に開局50周年を迎えられた独立放送局です。千葉市に本社を置き、地域に根ざした番組作りに努め、各種情報・報道番組のほか、スポーツ、音楽・バラエティなど個性的でユニークな番組を数多く自主制作されています。千葉県議会中継からプロ野球公式戦や高校野球の地域大会、県民参加型のカラオケ番組や人気タレント出演のバラエティ番組、最近ではSDGsに関連した番組も複数手掛けるなど、テレビ放送を通して幅広い情報を発信されています。

 今回、Aスタジオの設備の更新では、池上通信機の最新の機材をご採用いただきました。「UHK-X700」は、新開発グローバルシャッター対応のCMOSセンサー採用により、歪みやフラッシュバンドのない自然な高画質映像を再現するとともに、HDRや16軸色補正による色再現など最新の機能により高次元の映像制作を実現します。また、サブシステムにご採用いただいた「MuPS-5000シリーズ」の6Uサイズ中型スイッチャーは、従来ご使用いただいてきた当社製大型スイッチャーの操作性を維持しながらも、豊富な入出力映像変換や多系統フレームメモリに対応。充実した機能によりチバテレ様の多様な番組制作に貢献します。
 Aスタジオは、地上デジタル放送開始に伴うHD化更新以降15年以上にわたり当社製のカメラシステムおよびサブシステムをご使用いただき、今回も引き続き当社のシステムをご採用いただきました。今回ご提案した新商品が業界最高峰のスペックを有していること、お客様の使い勝手に寄り添ったシステム提案になっていること、従来の機器の使いやすさを継承していること、さらに製品・システムを長年にわたり継続運用するためにこれまで真摯に保守サービスを提供し続けてきたことなど、総合的に高くご評価いただけたことが今回の受注につながったと考えております。

 池上通信機は、これまでの実績やノウハウを生かし、お客様のご要望や運用形態に合ったシステムソリューションを提案し、長期間にわたり安定して運用いただけるよう、保守およびサービスの向上に努めてまいります。


【カメラシステムの主な機器構成】
 4K / HD ポータブルカメラ :UHK-X700 4式
 ベースステーション:BSX-100 4式
 マスターコントロールパネル:MCP-300 1式
 オペレーションコントロールパネル:OCP-300 4式

【サブシステムの主な機器構成】
 中型スイッチャー: MuPS-5000シリーズ(60入力 x 20出力) 1式
 ルーティングスイッチャー: MuPS-4000シリーズ (108入力 x 72出力、18分割マルチビューアー内蔵)1式
 周辺機器: OnePackⅡ 1式

《 ご案内 》
 チバテレ様の公式websiteはこちらです:
 https://www.chiba-tv.com/



» 製品についてのお問い合わせはこちら