ニュース詳細

2022年3月31日

1dc_
2dc_
 

米国デボンクロフト社による放送分野における大規模市場調査で
品質やカスタマーサービスなどで高評価を獲得
ブランド・オピニオンリーダーにも選出、業界を牽引

 池上通信機株式会社は、米国のデボンクロフト社(Devoncroft Partners LLC)様が2021年に100カ国以上を対象に実施された放送分野における大規模市場調査において高い評価をいただきました。

 デボンクロフト社様は、毎年Big Broadcast Survey(以下、BBS)と呼ばれる放送分野の大規模市場調査を実施しています。 BBSは、グローバルで正確な調査結果を確保するため10カ国語に対応し、世界100カ国以上、数千人のメディア関係者に対し調査票を基にオンラインによる対話型の調査をしています。調査項目は、世界の放送技術動向や市場に関する情報、ベンダーに対する意識、購買意欲と購買行動、製品の更新状況など多岐にわたっており、放送業界の包括的な調査となっています。

 2021年は、商業的に最も重要なグローバルマーケットレポート/グローバルブランドレポート/製品レポートの3つのレポートがあり、111ブランドを対象としています。
 重要な放送技術を提供するブランド力とその成長性評価において、Ikegamiブランドは、グローバル部門でベスト30にランキングされました。
 マーケットを牽引するブランドとして8項目にわたる評価が行われ、Ikegamiブランドは、品質/信頼性/顧客サービスの充実度/安定性/使いやすさの5項目でトップ30にランキングされました。そして、これらを総括したブランド・オピニオン・リーダー45にも選出されました。

3dc
ブランド・オピニオン・リーダー45

 また、27部門の製品別・地域別ブランドリーダートップ5では、取材などに持ちだすENGカメラ部門とスタジオで使用するスタジオ/システムカメラ部門の2部門において、全地域でランクインを果たしました。

 数々の評価項目においてランクインしたのは、当社製品をご愛用のお客様に長きにわたり安心してお使いいただいている結果であると考えております。特にマーケットを牽引するブランドとしてランクインした5項目は、当社が長年にわたり注力してきた信頼性や安定性、顧客サービスの充実に関する項目であり、放送業界において確固たる評価を得るためには、製品性能だけではなく、品質重視と長期にわたるメンテナンス対応の重要性を改めて深く受け止めております。池上通信機は、その信頼と期待に応えるべく、今後もお客様にご満足いただける性能・品質の製品開発と安定してご使用いただけるサービスを提供し、さらなる企業価値向上を目指すことを通し社会へ貢献します。