ニュース詳細

OX"
4K/HDポータブルカメラシステム 
UHK-X700の1号機を株式会社仙台放送様に納入、
8月より運用開始

 池上通信機株式会社は、株式会社仙台放送(以下、仙台放送)様へグローバルシャッター対応CMOSセンサーを採用した4K/HDポータブルカメラシステム「UHK-X700」を4式納入し、2021年8月から運用を開始されました。

制作スタジオ 仙台放送様では、「UHK-X700」を制作スタジオと報道スタジオで兼用して運用するスタイルを取り設備の有効活用を実現しています。また、必要に応じてスポーツ中継での運用も考えられています。 

 ポータブルカメラ「UHK-X700」は、高画質で広色域に対応した豊かな色再現や動きの速い被写体に対してもグローバルシャッター機能による歪みのない映像を映し出します。また、HFR(ハイフレームレート)機能による4K 2倍速、HD 8倍速撮影も可能なため、仙台放送様が望まれるさまざまな運用形態に最適なカメラとご判断いただきご採用にいたりました。

BSX-100

 ベースステーション「BSX-100」は、小型・軽量を実現し、前面パネルでの状態表示や入出力信号を変更するメニュー選択など、充実した機能に高いご評価をいただいております。

VE卓 カメラコントロールの中心となるVE卓は、既存の設備を流用(改修)しました。特に操作性を重視して各種操作パネルを配置し、現場のVE(ビデオエンジニア)の方からは「非常に操作性の良いVE卓ができあがった」とのお言葉をいただきました。また、PC上から直感的な操作でパネルのアサインや各種制御などが行えるバーチャルマスターパネル「VMP」もご採用いただきました。主にカメラ、OCPの設定状況が一目で確認でき、スタジオ運用はもちろん中継運用の際にもセッティング時間の短縮ができ、非常に有効な機能としてご評価いただいています。

VMP GUI
VMP GUI


 池上通信機は、これまでの実績とノウハウを生かし、お客様のご要望や運用形態に合わせた最新のシステムソリューションをご提案してまいります。

【主な機器構成】
  • 4K/HDポータブルカメラ  UHK-X700  4式
  • 2型LCDビューファインダー  VFL201D  4式
  • 7.4型OLEDビューファインダー  VFE741D  4式
  • システムエクスパンダー  SE-U430  3式
  • ベースステーション  BSX-100  5式 (制作サブVE卓内収容)
  • オペレーションコントロールパネル  OCP-300  10式 (制作サブ5式、報道サブ5式)
  • マスターコントロールパネル  MCP-300  1式
  • バーチャルマスターパネル  VMP  1式
  • 4Kマスターモニター  HQLM-3125X、HQLM-1720WR  各1式

  • » 製品についてのお問い合わせはこちら