ニュース詳細

2021年3月30日

マレーシア 国営放送Radio Televisyen Malaysia に全天候型デジタルFPU 装置 PF-531A を15対向納入

 池上通信機株式会社は、マレーシアの国営放送局である Radio Televisyen Malaysia(以下、RTM)様へPF- 531A 全天候型デジタルFPU(可搬型無線伝送装置) システム15対向を納入しました。コロナ禍での新たな試みとしてオンラインでトレーニングを実施し運用開始にいたりました。

 RTM様が池上通信機製FPUを導入開始されたのは1990年のPF-701アナログFPUシステムに遡ります。デジタルFPUであるPF-504の導入を経て、今回PF-531Aは風雨、熱に対する耐環境性能が高いことを評価いただき、一度に15対向ご採用いただくことになりました。
 マレーシア現地代理店 ACS Solutions Sdn Bhd(以下、ACS Solutions)様のザイディ・アヌアー マネージングディレクタは「今回の購入にあたり、池上の過去の納入実績と納入した製品の安定性が機器決定にいたるキーになりました」と振り返ります。またPF-531Aの評価について「熱帯地域に属するマレーシアでは運用中のスコールへの対策が不可欠なので、防水性は極めて重要なファクタなのです。業界唯一の全天候型FPU であるPF-531Aは、その優れた防水構造から内部浸水の心配をすることなく悪天候下でも運用を続けられる点が優れていると判断されました。また、高周波部と制御部の間の接続距離が最長400m(*)と他社製品よりも長い距離を確保できることから、現場でのフレキシブルな運用に貢献します」 とコメントされています。

 今回の納入では、新型コロナウイルス感染拡大の影響で国を跨いだ人的交流の制限がかかり、通常では日本国内や現地で実施している操作トレーニングが出来なくなりました。そのため日本とマレーシアを結ぶオンライン操作トレーニングを新たな試みとして実施しました。トレーナがいる日本とお客様がいるマレーシアにそれぞれ送信・受信一対向のPF-531Aを置き、トレーナがオンラインで操作方法を説明し、お客様が操作を実演しました。
 回を重ねる毎に理解を深めて頂き、全3回にわたる操作トレーニングはお客様も満足のうちに終えることができました。

 アジア太平洋地域の販売を統括するIkegami Asia Pacific Pte.Ltd.の 平下 昌義 社長は「オンラインの操作トレーニングには、録画したものを繰返し視聴できるなど、通常のトレーニングにはない利点もあります。コロナ禍の終息に関わらず、オンラインでの操作トレーニングなどは、ニューノーマルとして定着していくことでしょう。今回の経験を次の機会にいかすとともに、常に新しい手法を取り入れることで、通常のトレーニング以上にお客様に満足していただけるものを目指していきたいと思います。大きく変化する時代に生きる我々には柔軟に対応する能力が求められますが、今回のオンラインによるトレーニングのスムーズな実施で、当社が時代の変化に柔軟に対応していけることを示せたと考えています」とコメントしています。

 オンライン・トレーニングに参加したRTM様 の技術者は「この大変な状況下にも関わらず池上とACS Solutionsの継続的なサポートがあることを中継担当者、技術陣、そして各部署のスタッフが喜んでいます。既に池上製品にはなじみがあるのでPF-531Aにはすぐに慣れましたが、これから日々の運用の中で新しい可能性を探っていくのが本当に楽しみです」と話しています。

 池上通信機は、世界的な規模に及ぶ環境変化に対応し、機材を使用される現場の課題を解決し、ニーズに応えるべく、これからもお客様に満足いただける製品とサービスを提供することで社会に貢献していきます。

* 「高周波部と制御部の間の接続距離が最長400m」となるのは、PF-531Aのみの仕様です。PF-531Aは海外向け専用製品です。



» 製品についてのお問い合わせはこちら