ニュース詳細

 

新型ベースステーション   BSX-100

BSX-100池上通信機株式会社は、放送用システムカメラの新たなラインアップとして3Uハーフラックサイズの新型ベースステーション「BSX-100」を開発致しました。

BSX-100は、「Unicam HD」シリーズの最新機種である、HDK-99およびHDK-73、さらに、これまで多くのお客様にご採用いただいている、HDK-97A、HDK-79GX、HDK-55に対応します。3Uハーフラックサイズのコンパクトで軽量な設計により、中継車や実装スペースが限られた場所での運用に最適です。また、BSX-100は3G / HD信号出力だけでなく、アップコンバートされた4K出力やMoIP出力もオプションとして備えており、ニーズに応じてさまざまなシステムに柔軟に対応します。

主な特徴

■ HDR(High Dynamic Range)モードに対応
BSX-100は、HDRの国際標準であるITU-R BT.2100に準拠したHLG(Hybrid Log Gamma)をサポートしています。表現できる範囲を拡大した高ダイナミックレンジ映像と豊かな色彩表現(広色域)を可能にしています。

■ MoIP(Media over IP)インタフェースに対応(オプション)
BSX-100は、オプションのプラグインMoIPボードによって、独立したIPマルチキャストストリームとしてビデオ、オーディオ、メタデータの転送を提供し、システムワークフローに応じて柔軟なシステム統合を実現します。低遅延で非圧縮のIPメイン出力をサポートし、優れた画質を提供します。

■ 4Kアップグレードによるシステム対応(オプション)
BSX-100は、HD-4Kアップコンバーターオプションにより、4K信号出力(3G-SDI Quad Link)を提供します(*1)。さらに12G SDIオプションボードを実装すると、12G-SDI出力も可能となります。 HDカメラを4K運用する際に柔軟なシステム構築が可能です。
*1:カメラ側1080プログレッシブフォーマット動作時

主な仕様
  • Unicam HDシリーズに対応
  • 19インチハーフラックサイズ
  • 映像出力
    HD信号:3G-SDI/HD-SDI 本線 7ch、 MON 1ch
    4K信号(オプション): 3G Quad Link×1ch(HD信号出力と選択)
                                          12G/6G-SDI ×4ch または 3G Quad Link×1ch(12Gオプション実装時)
  • D RETURN 入力:3G/HD-SDI Single End x4ch または 2ch Active Through
  • Q-TV信号:HD-SDI Single End x1ch
  • MoIP :10G/25G SFP (4K/3G/HD) x2  SMPTE ST.2110 準拠(オプション)

モデル名 BSX-100
出荷開始時期 2020年8月
希望小売価格 オープン価格