ニュース詳細

全国でレンタル業務を手掛けるストロベリーメディアアーツ様に
  4KシステムカメラUHK-430 4式を納入。
  ハイスペックな4Kカメラのレンタル、自社制作のイベント業務で活用

    池上通信機株式会社は、全国でレンタル業務等を手掛ける株式会社ストロベリーメディアアーツ様(以下、ストロベリーメディアアーツ様)に最新の4KシステムカメラUHK-430を4式納入いたしました。

    ストロベリーメディアアーツ様は山口県下関市に本社を置き、東京をはじめ大阪・名古屋・広島・松山・鹿児島・沖縄など全国に拠点を展開。LEDディスプレイ、映像・音響・照明機材等の販売、レンタルを広く手掛けるとともに、LEDビジョンの開発も手掛けています。また、各機材を取り扱うオペレータも含め、舞台での撮影やLEDビジョンへの画像送出等を自社ですべて行うことができる映像・音響空間を創造する企業です。

    今回、ストロベリーメディアアーツ様がUHK-430を採用されたのは、UHK-430の高画質な映像への評価はもちろんのこと、現在使用中の池上製HDカメラHDK-55の安定した品質と、これまでのサポート対応の実績を評価いただいたもの。また、池上製の60GHz 帯ミリ波HD映像伝送装置GL-60も所有されており、「映像機器の総合メーカー」としての池上通信機への信頼感が決め手となりました。

    UHK-430は、2/3型 4K CMOSセンサ3板式の光学系を搭載し、Native 4Kの高精細と3板式による高品質な色再現を実現したポータプルカメラ 。カメラコントロールユニット CCU-430とカメラの間の伝送路は40Gbpsの超広帯域を確保し、R:G:B 4:4:4の4K非圧縮信号伝送を実現することにより、高精細で遅延のない伝送を可能としています。

    ストロベリーメディアアーツ様では、販売およびレンタル用途としてUHK-430をラインアップに追加する他、自社が取り扱う番組・イベント制作においても活用していく方針です。

    池上通信機では、これからもお客様のニーズにお応えできる最高品質の製品を提供していきます。



» 製品についてのお問い合わせはこちら