ニュース詳細

2020年2月21日

株式会社広島ホームテレビ様よりM35 SNG中継車を受注

池上通信機株式会社は、株式会社広島ホームテレビ(以下広島ホームテレビ)様より、M35 SNG中継車(以下M35)を受注いたしました。本中継車は2020年3月末に納車し、4月より主に報道中継の現場で活躍する予定です。

M35は一般的なSNG中継車の車両サイズ(車両全長 約5.6m)でありながら最大6式のカメラを搭載可能(報道用中継車は通常2式程度)。さらに、小型ながらも番組ごとに最適な各種セットアップを行うことができるタッチディスプレイを搭載したスイッチャを採用することで、報道番組以外の番組制作も可能なシステム設計としています。広島ホームテレビ様の現用中継車システムのコンセプトを踏襲しつつ、当社がこれまでトータル900台以上の中継車を製作してきた実績から得たノウハウを活かし、作業効率やスタッフの動きやすさなどを配慮した設計を行いました。

本中継車システムは10年以上の長期にわたり運用いただくことを前提に、中継業務の効率化はもちろんのこと、室内は池上独自の機器固定方法により、車両走行時の振動対策に加え、安全性を確保しています。
運用面では、管理PC(SST:System Setup Terminal)による集中管理を導入し、ルータリモコンやタリー等の設定を自由にアサインすることができます。

カメラシステムは、4K HDRに対応した2/3型 4KCMOS3板式システムカメラ『UHK-430』を採用し、4K、HDいずれの番組にも対応することができます。

池上通信機は、今後も信頼性が高く使い勝手の良い中継車システムを構築し、お客様の業務の効率化および省力化に貢献してまいります。

 

【主な納入予定機器】

  • UHK-430 2/3型 4KCMOS3板式システムカメラ4式
  • CCU-430 カメラコントロールユニット 4式
  • CSS-400 2M/Eコンパクトスイッチャ 1式
  • MuPS-4000マルチプラットフォームスイッチャ1式
  • OnePackⅡ ペリフェラル棚 2式
  • 各種液晶モニタ 1式



    » 製品についてのお問い合わせはこちら