ニュース詳細

 

2019年6月20日
Yahoo様(米国)のスタジオにUHK-430を22式納入

― 3つのスタジオに順次納入し、Yahoo! Finance、Yahoo! Sportsなどの ストリーミング放送の制作をサポート ―

Yahoo! 池上通信機株式会社の米国現地法人Ikegami Electronics (U.S.A.), Inc.は、米国大手通信会社のVerizonグループ傘下であり、インターネット関連サービスを提供するYahoo様の3つのスタジオ(ニューヨーク、カリフォルニアに所在)に、4Kシステムカメラ「UHK-430」をトータル22式納入しました。Yahoo様の米国にあるスタジオにおいては初の4Kシステムカメラの採用となり、2019年3月からそれぞれのスタジオで順次運用が開始されています。今回の更新により、Yahoo様が米国に所有している全てのスタジオに当社カメラが採用されたこととなり、当社のカメラがYahoo様のコンテンツ制作を支えています。


Yahoo! 更新されたスタジオでは、需要が増加するストリーミング放送用のコンテンツが制作されています。米国では、ストリーミング放送を含むインターネット放送が非常に多くの視聴者を獲得しており、大きな産業として注目を浴びています。そのような環境のなか、Yahoo様のスタジオでは、ニュースやファイナンス情報、スポーツ関連のインタビューなど多岐にわたるエンターテイメントコンテンツが制作され、Yahoo! ViewやYahoo! Finance、Yahoo! Sports、Huffpostをはじめとしたプラットフォームでストリーミング放送されています。

今回のご採用は、UHK-430の基本性能の高さと、これまで当社が重要視してきたアフターサービス、サポート体制を高く評価いただいたことに加え、ストリーミング放送の主要な視聴端末であるスマートフォンやタブレットに最適な、縦型映像表示を実現したことが決め手となりました。今後、ファッションショー等の縦型映像に適したコンテンツの制作に使用される予定です。
UHK-430により撮影された解像度、色彩表現に優れた4K映像から生成される縦型映像は、より一層豊かな映像表現が期待されています。

現在Yahoo様では、4K/HD両方の映像出力に対応したUHK-430によるHDコンテンツを中心に制作しておりますが、将来的には同カメラによる4Kコンテンツの制作を視野に入れています。今後、5G等通信インフラの設備が進むことでインターネット放送による4Kコンテンツの視聴環境は更に充実し、その勢いも加速すると考えられます。

池上通信機は、拡大する視聴者ニーズに柔軟に対応するYahoo様のスタジオ構築を、映像技術と特殊仕様への対応でサポートさせていただきました。今後も、多様に変化する市場環境に対し、最新のテクノロジーを追求し、お客様の様々なご要望にお応えしてまいります。