ページ印刷
TOP > ニュースリリース > ニュース詳細

ニュース詳細

一覧に戻る
2014.11.04

Full HDマルチフォーマットLCDカラーモニタ
HLM-1705WR(17型)を販売開始

LEDバックライト搭載のLCDパネルを採用し、薄型・軽量化・低消費電力を実現
Full HDマルチフォーマットLCDカラーモニタ HLM-1705WR(17型)

池上通信機株式会社では、高画質、高機能は維持しながら高いコストパフォーマンスを実現したスタンダードタイプ「マルチフォーマットLCDカラーモニタHLM-1705WR(17型)」を新開発。放送市場をはじめ、プロダクション、CATV、学校、公共施設などへ積極的に販売を展開して参ります。

HLM-1705WRは、LEDバックライト搭載のFull HD(1920x1080)/10bitパネルを採用。高輝度・高コントラスト・広視野角・優れた高速応答性・色再現性を誇ります。
マルチSDI(3G/HD/SD)、アナログコンポジット、アナログオーディオなど、多彩な入力を標準装備。エンベデッドオーディオにも標準で対応しています。

【主な特長】
●高輝度・高コントラスト(1000:1)・広視野角(178度)・高速応答、色再現性に優れたLEDバックライト搭載のFull HD(1920x1080)/10bitパネルを採用し、入力画素をリサイズしないリアルな画素表示と、より忠実度の高い階調表現を実現しています。

●マルチSDI(3G/HD/SD)2入力、アナログコンポジットなど、多彩な入力を標準装備しています。

●標準でエンベットオーディオ(SDI信号に音声を多重)に対応。内蔵スピーカ(モノラル)から出力が可能です。

●エンベデッドオーディオの8chから5.1chサラウンド音声へ簡易的にダウンミックスが行えます。

●設置場所・操作目的により、パラレル/RS-485によるシリアルリモートから選択できます。

●4:3、13:9など各種アスペクトでマーカー表示が行えます。さらにユーザーマーカーも装備。ラインやBOXマーカーを10種類(1シーン)×10シーンの最大100種類まで、任意の位置・サイズで設定、表示が可能です。

●シャドウ機能を搭載。マーカーエリア外の部分にシャドウを掛けることができます。

●HD-SDI信号に多重されたタイムコード(VITC)を画面に表示可能です。

●波形モニタや簡易的なベクトルスコープも表示できます。

●入力信号の各画素をパネルの画素に合わせて1:1表示可能なドットバイドット表示機能を装備しています。

●カラースケーリング無しで指定部分を2倍/4倍に拡大するズーム機能を搭載。映像の細かい部分の確認に
最適な機能です。

●フロントパネルボタンに機能を割り付けることで、ワンタッチで色温度の調整が行える他、USB端子に接続したマウスのスクロールホイールからの操作も可能です。

製品名 販売開始時期 希望小売価格 年間目標販売台数
HLM-1705WR 2014年10月 290,000円 1000式