ページ印刷
TOP > ニュースリリース > ニュース詳細

ニュース詳細

一覧に戻る
2013.12.24

関西テレビ放送様 HDK-97ARRIを運用
「Livejack Special Ⅲ Stories-Songs make you smile-」にて

関西テレビ放送様 「Livejack Special Ⅲ Stories-Songs make you smile-」にて HDK-97ARRIを運用

Ikegamiとデジタルシネマで実績のあるARRI社とのコラボレーションにより生まれた35mmフォーマットカメラシステム HDK-97ARRIが、関西テレビ放送様の開局55周年記念スペシャルライブイベント「Livejack Special Ⅲ Stories-Songs make you smile-」の収録にて運用されました。この音楽ライブイベントは、11月23日、24日の2日間、大阪市中央体育館にて開催され、大型中継車による15台のカメラで収録、12月7日に放送されました。HDK-97ARRIは、ステージ前のレールカメラとして使用され、演者の表情や濃淡のあるライブステージを忠実に描写しました。運用頂いた関西テレビ放送様からは、下記コメントを頂いております。

●従来のカメラでは得ることができないとてもクリアで明るく透明感のある映像である。現行HDTVで、これほどの表現力のある映像が撮れるとは思わなかった。
●感度が非常に良く低ノイズであり、暗部の階調もしっかりと表現できている。
●Super 35mm CMOSセンサがもたらす被写界深度の浅い映像は、ボケ方に美しく味があり、音楽ライブ中継の中のアクセントとなり、新しい表現の可能性を感じた。
●既設中継車設備に組み込み、VE側でカメラの調整を行うことができたので、従来からの放送用システムカメラと同様にスムースに運用することができた。
●今までの中継カメラの延長線上にあるデジタルシネカメラという使用感であり、違和感なく調整、運用することができた。インカム、リターン、QTVなど、他のカメラと同じ条件でCCU運用できるメリットは大きい。

IkegamiのHDK-97ARRIは、放送用システムカメラの運用性を継承しつつ、ライブ中継においてシネマテイストな映像表現を可能にするカメラとして、番組制作に貢献していきます。

HDK-97ARRI レールカメラで運用最も左がOCP-200 既設引出装置に実装
最も左がOCP-200 既設引出装置に実装





HDK-97ARRI レールカメラで運用
CCU-970 既設ラックに実装既設モニタに97ARRI映像を出力
CCU-970 既設ラックに実装既設モニタに97ARRI映像を出力