ページ印刷
TOP > ニュースリリース > ニュース詳細

ニュース詳細

一覧に戻る
2013.11.08

有機EL(OLED)マスターモニタ
25型 HEM-2570W / 17型 HEM-1770WRを新発売

HEMシリーズ

池上通信機株式会社は、有機ELパネルを採用したマスターモニタ25型「HEM-2570W」17型「HEM-1770WR」の2ラインアップを新発売いたします。

本モニタは自発光デバイスである有機ELならではの広ダイナミックと動画応答速度を兼ね備え、マスターモニタとして最適な特性を備えています。17型のHEM-1770WRはDC入力にも対応し、ロケ現場などの屋外持出し用のマスターモニタとしても運用可能です。
有機ELならではの特長に加え、Ikegamiの液晶モニタHLMシリーズと同様に、エンベデッドオーディオ出力の標準装備や、 ユーザーマーカ設定(1シーンあたり10種類×10シーン、合計100種類)などの機能面も充実。
測定器としてのマスターモニタの一面と、多機能で使い勝手のよい汎用モニタの一面を併せ持つ、Ikegamiが提案する新しいかたちのマスターモニタです。



【主な特長】
●より自然な黒の表現
自発光である有機ELを採用しているため、広いダイナミックによる忠実な映像表現と安定した黒の表現が可能となりました。従来の液晶モニタに比べ、より引き締まった、自然な黒を表現することが可能です。

●動画応答速度
有機ELならではの高速動画応答により、スポーツや画面スクロールなど動きの速い映像をよりスムーズに、鮮明に表示します。

●広視野角を実現
広視野角パネルのため、より広い範囲から忠実な映像・色情報を確認することが可能です。

●高性能12-bit エンジンを採用
マスタモニタ独自の高性能12-bitエンジンを搭載。高精度な信号処理が可能となり、より忠実な映像再現を実現しました。

●CRTガンマ搭載
弊社 CRT マスターモニタのガンマの設定に近似させることが可能な「CRTガンマ」機能を搭載しました。

●インターレース表示
インターレース信号(1080i)に対して画像変換処理(I/P 変換、スケーリング)を行わず、インターレースの飛び越し走査と同様、擬似的にフィールド毎のライン間に黒を表示することで、CRTに近い映像表現を可能にしました。

●エンベデッドオーディオ対応
標準でエンベデッドオーディオに対応し、3G-SDI 信号、HD-SDI 信号、SD-SDI(4:2:2)信号に多重されたエンベデッドオーディオ信号を自動で認識し、内蔵ステレオスピーカ、ステレオヘッドフォン、ステレオラインアウトから音声の出力が可能です。
またエンベデッドオーディオレベルメータ表示にも標準で対応しています。

●ユーザーマーカ機能
1シーンに10種類の直線・BOXマーカを自由に描画でき、そのデータを10シーン分保存することが可能です。マーカは、本体USB端子に接続したマウスのドラッグ&ドロップで自由に描くことができます。運用用途や番組ごとにシーンを作成・保存すると便利です。

●全画面キャプチャ機能
キャプチャ画面との2画面比較に加え、全画面キャプチャに対応することで、キャプチャした画面と入力信号画面の映像比較がより容易になりました。キャプチャ画面と入力信号画面の切換えは、手動だけでなく自動切換えにも対応します。前回撮影時との画角や立ち位置、色合わせに有効です。

●ズーム機能
カラースケーリング無しで指定部分を2倍/4倍に拡大するズーム機能を搭載。映像の細かい部分の確認に最適な機能です。

●外部メモリ機能
各種設定データ(MENU設定、PRESETデータ、全画面キャプチャ画像データ)はUSBメモリに保存し、PC上でのデータ管理が可能です。また、他のモニタへの設定データコピーも行えます。

●コンパクト設計
HEM-1770WRは奥行き約98mm、HEM-2570Wは約102mmと、スペースファクターを考慮した薄型設計。液晶モニタに匹敵するコンパクトサイズで、常設用途はもちろん、可搬性も兼ね備えます。

●DC電源対応(HEM-1770WRのみ)
バッテリ等のDC電源でのオペレーションに対応しています。屋外ロケや中継時の可搬システムのマスタモニタとして運用可能です。

●プローブによるホワイトバランスの自動調整
オートセットアッププローブ「ASP-100」を使用することで、複数モニタの色管理が可能です。ASP-100はモニタ本体のUSBケーブルに直接接続するとモニタ内部のCPUで演算処理をするため、PCなどの外部接続が不要です。

●マウスによるリモート操作に対応
本体のUSB端子にマウスを接続することで、各種メニューをマウスから操作することが可能です。ワイヤレスマウスを利用することで、離れた場所からの操作にも対応します。
HEMシリーズからは、色温度などの各種データ変更をマウスのスクロールホイールから操作することが可能になり、マウスからの操作性が格段に向上しました。

●色温度調整の簡易操作機能
フロントパネルボタンに機能を割り付けることで、ワンタッチで色温度の調整が行える他、USB端子に接続したマウスのスクロールホイールからの操作も可能です。


【その他の機能】
●Closed Captionに標準対応
●各種エリアマーカ、セーフティーマーカ機能
●エリアシャドウ機能搭載
●波形/ベクトルスコープ表示機能
●各種テスト信号内蔵

製品名 販売開始時期 希望小売価格 年間販売台数
HEM-2570W 2013年12月 1,365,000円(税抜1,300,000円) 200台
HEM-1770WR 2013年12月 945,000円(税抜900,000円) 350台
主な定格・性能
画素数 1920(H)×1080(V)ドット
表示色数 10.7億色(10bit)
輝度 250cd/㎡以上(パネル単体での輝度性能、ピーク時)
コントラスト比 約5000:1
パネル視野角 上下左右:178°(コントラスト比10:1以上)
   
外形寸法 HEM-2570W:W585×H398×D102.8mm、9U

HEM-1770WR:W428×H301×D98mm、7U
お問い合わせ
  • 池上通信機株式会社 

営業本部 放送第一営業部
Tel:03-5748-2201
Fax:03-5748-2200