ページ印刷
TOP > ニュースリリース > ニュース詳細

ニュース詳細

一覧に戻る
2013.02.27

ジャパネットたかた様 東京スタジオ 高層階ならではの景観を生かした 新スタジオ映像放送設備を受注・納入

ジャパネットたかた様 東京スタジオ
高層階ならではの景観を生かした
新スタジオ 映像放送設備を受注・納入
Studio Sub control room Master room

池上通信機株式会社では、長崎県佐世保市に本社を置く、ショッピングチャンネル大手、ジャパネットたかた様(株式会社ジャパネットホールディングス様)の新たな東京の拠点、東京スタジオ(六本木 泉ガーデンタワー内)のスタジオ、サブシステム、編集システム、マスターシステムなどの放送設備を一括受注、納入致しました。
2012年12月21日の運用開始以降、CS専門チャンネルの「ジャパネットチャンネルDX」を中心に、生放送、番組収録でフルにご活用いただいています。

ジャパネットたかた様の東京スタジオは、六本木 泉ガーデンタワーの34階に位置し、窓面から東京の景観が一望でき、天空のスタジオをイメージさせる高層階に設備されました。今回のスタジオ導入に当たっては、ジャパネットたかた様より、「眺望をフルに生かしたスタジオを設計したい。」とのご要望を頂き、これまでの映像設備の経験とノウハウを生かし、ご提案させていただきました。
特に、季節や朝、昼、夜の外光に応じて、簡単なプリセットでワンタッチにより調光が可能な照明設備とNDフィルタを連動させるコンピュータによる集中制御システムを導入、常に背景の眺望を生かした映像を提供することが可能です。

スタジオフロアには、池上のハイエンドスタジオカメラ、HDKシリーズを導入。ライブカメラ、ポータブルカメラ、クレーンシステム等、臨機応変にハイクオリティの映像をお届けします。
サブシステムは、3M/EビデオスイッチャHSS-330等、最新の放送設備で構成されています。
また、マスター送出は24時間のCS放送とスタジオ収録を同時に行えるよう、Harmonic社のMediaSpectrumサーバと、池上のAPCシステム「Ocris」でシステムを構築。
さらに、編集設備やプレビュー、アーカイブ設備も含め、MXF MPEG 50Mbpsによるファイルベースのワークフローを実現、作業の効率化にも貢献するシステムとなっています。

池上では、ジャパネットたかた様をはじめとする通信販売専門チャンネルや、その他の専門チャンネル様にシステムをご採用いただいております。今後も映像のプロフェッショナルとしてお客様のご要望にお応えできる商品作りとシステムのご提案をしてまいります。

主なシステム構成
スタジオ設備    
スタジオカメラ HDK-790EXⅢ
2式
ハンディスタジオカメラ HDK-79EXⅢ
2式
プロンプター用カメラ HDK-79EXⅢ
1式
クレーンカメラシステム HDK-79EXⅢ
1式
ジープモニタ他   2式
サブシステム
   
3M/Eビデオスイッチャ HSS-330
1式
照明・NDフィルタ制御システム   1式
モニタ棚   1式
ルータ HSM-6464
1式
システムセットアップアプリ SST Pro
 
他各種周辺機器    
編集システム    
素材サーバ EditShare 1式
ノンリニア編集機 グラスバレー EDIUS 2式 他
マスターシステム    
ビデオサーバ Harmonic MediaSpectrum 1式
APCシステム Ocris 1式
メインルータ HSM-4832 1式
モニタ棚   1式
各種周辺機器 他